苦手な注射は緊張しているから?

転職や不復職したばかりで、雰囲気になれていない時。
新人で先輩が近くでにらんでいるときなど、緊張してうまくできないことってありますよね。

看護師の仕事内容の中で、注射がどうしても上手く出来ない、という人がいます。
これは患者との相性にもよるようですし、その日のタイミングにもよることが多いようです。
主に大学病院勤務の看護師は、注射の機会が少ないので上手くなりにくいと言われますが、中には上手な人もいますし一概には言えないと思います。
いつも行く総合病院の採血ルームで上手な看護師がいて、その人が採血する時はすんなりと進み、採血後に針痛もなかったりします。
ですが相性の悪い看護師に当たると、針を刺してから血管を探すので痛みは酷いですし、
何度も針を刺してはダメと言われて結局手首から採血したり、手の甲から採血することもありました。
いつも相性の良い看護師でも時々は他の看護師と同じ状況になってしまうことがありますので、その日の患者の状態などにもよるところが大きいのかもしれません。

上手くいかない時は他の人に交代してもらうのも1つの手です。人が代わることでスムーズに行くことも時にはあります。
もちろん毎日の練習も大切ですし、下手だからと諦めずに頑張る努力も必要です。
インターネットでは見本の動画があったりしますので、このようなものを利用して勉強するのも方法だと思います。
また比較的採血しやすい患者の時は、率先して採血をさせて貰うように申し出てみましょう。
患者も嫌がらずに許可される人が多いので、病棟看護であればこのような機会に恵まれているので良いのではないでしょうか。
技術を磨いたり、慣れる為にはある程度の厚かましさも必要なのだと思います。
患者の為の勉強、患者の為の練習であることを忘れずに、時間を作って日々努力することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です